イベント・祭り

【江戸川区花火大会2018】日程・見どころ・アクセス・穴場

今年も真夏の夜空を彩る江戸川区花火大会が開催されます。

打ち上げ数は国内最大級を誇る花火となっており、ぜひ多くの方にみていただきたいです。

ここでは江戸川区花火大会2018を超楽しめるおすすめスポットをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

江戸川区花火大会とは?

市川市の「市川市民納涼花火大会」と同時開催で、江戸川区の夏の風物詩的な花火大会。

打上総数約14,000発国内最大級です。

花火大会は、趣の違う8つのテーマで構成されています。

みどころは「絢爛!江戸川夢花火!」。

江戸川名物の5秒間での1000発打ちによるド迫力のオープニングです。

そこから最後まで瞬きする間も惜しいくらい、素敵な花火が打ち上げられます。

 

江戸川区花火大会2018の基本情報

イベント名 第43回江戸川区花火大会
打上玉数 約14,000発(予定)
開催場所 東京都江戸川区 江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
開催日程・時間 8/4(土)19:15~20:30
※荒天の場合は翌日8/5(日)に順延・延期
料金・予約など 観覧無料
有料指定席 なし
※千葉県市川市側にはあり
アクセス方法 ●都営地下鉄新宿線「篠崎駅」より徒歩15分
●JR総武線「小岩駅」より徒歩25分
●京成本線「京成江戸川駅」より徒歩25分
●都営地下鉄新宿線「瑞江駅」より徒歩45分
交通規制 あり(会場周辺道路で車両通行禁止など)
駐車場 なし
トイレ あり(常設12カ所・仮設16カ所を予定)
お問い合わせ先 TEL:03-5662-0523
(江戸川区花火大会実行委員会事務局)

 

江戸川区花火大会2018のプログラムと見どころは?

江戸川区花火大会は例年趣の違う8つのテーマでプログラムを構成されます。

それぞれのテーマに合わせたBGMに花火が打ち上げられ、次々と切り替わる演出が観客を最後の最後まで魅了します。

江戸川区花火大会2018のプログラムは公式サイトの記述(下記)をご参考ください。

開始時間 テーマ 見どころ
1 19:15 絢爛!江戸川夢華火! オープニングは江戸川名物の5秒間、1,000発花火でスタート!きらびやかな花火が江戸川の夜空を華やかに彩ります。
2 19:25 桜花爛漫~富士の空~ 日本の春を彩り人々を魅了する桜。雄大な富士に花吹雪舞う美しい風景をお楽しみください。
3 19:35 わくわく!ジャングルトレジャー! ジャングルの奥地へ宝探しに出発だ!見たことのない花や蝶たちの先にどんな宝物が待っているかな?
4 19.45 和火(WABI)~飛龍の舞~ 日本伝統のいにしえの花火…「和火」。荒波を越えて夜空を舞う龍の姿を「和火」で表現します。
5 19:55 パステル☆イリュージョン 色彩豊かなパステルカラーの花火たちの楽しいイリュージョンショーが会場を盛り上げます!
6 20:05 銀色のセレナーデ 真夏の夜空にきらめく銀色の輝き…淡い色の光たちと織りなす美しいハーモニーが皆さんの心に優しく染み入ります。
7 20:15 疾風迅雷~ハヤテのごとく~ 縦横無尽に激しく入り乱れる花火の戦い!息もつかせぬスピード感あふれる演出に注目です!
8 20:25 未来の聖火(ともしび)
~輝きの向こうへ~
フィナーレを飾るのは色とりどりの花火と夜空一面の金銀カムロシャワー!聖火の輝きが希望に満ちた皆さんの未来を明るく照らします。

 

最も見どころのプログラムは?

8つのプログラムがありますが、なんと言ってもオススメが

プログラム2番の『桜花爛漫~富士の空~』です。

江戸川の夜空に舞う桜吹雪が雄大な富士を美しく染めていきます。

高さ50m国内最大級の富士山仕掛け花火に注目です!

スポンサーリンク

江戸川区花火大会2018の開催場所は?

江戸川区花火大会2018の開催場所は例年通り、東京都江戸川区の都立篠崎公園先にある江戸川河川敷です。

江戸川区花火大会2018の観賞エリアへのアクセス方法は、上記の表をご参考ください。

会場までのアクセス、交通規制について

交通機関

●都営地下鉄新宿線「篠崎駅」より徒歩15分
●JR総武線「小岩駅」より徒歩25分
●京成本線「京成江戸川駅」より徒歩25分
●都営地下鉄新宿線「瑞江駅」より徒歩45分

当日は混雑が予想されるので、時間に余裕を持って来場することをおすすめします。

 

※会場周辺の交通規制があるので、会場周辺で車両通行止になります。

マイカーでの来場不可になるので、交通機関を利用してのアクセスをおすすめします。

 

江戸川区花火大会2018のおすすめスポット

 

篠崎緑地


江戸川花火大会の主なの観賞エリアとなるのが篠崎緑地です。

篠崎緑地は大迫力で花火を観賞できるおすすめのスポットです。

花火の打上地点に近いですが、篠崎緑地は東京ドーム6個分もの敷地面積があります。

混雑はしますが、花火大会開始後であっても2~3人座る場所は普通に確保できます。

 

小岩緑地

花火の打上地点からやや離れますが、花火大会開始後でも普通にシートを敷く場所が残っています。JR総武線「小岩駅」と京成本線「京成江戸川駅」からアクセスするのがよいでしょう。

JR総武線「小岩駅」と京成本線「京成江戸川駅」の周辺は屋台・露店もたくさん並んでいるので、飲みもの・食べものにも困りません。

 

篠崎公園・第一

江戸川区花火大会の打上地点のすぐそばにある公園なので、大迫力で花火を楽しむことができます。

例年当日の午前中から争奪戦が始まっています。それほど気にしないのであれば、木々周辺は花火大会開始後でもシートを敷く場所は残っています。

 

篠崎公園・第二(B地区)

江戸川区花火大会の打上地点からはやや離れてしまいますが、十分に花火を楽しむことができます。花火大会当日でもシートを敷く場所を確保できます。

 

大洲防災公園

こちらも千葉県市川市側の穴場スポットです。江戸川河川敷よりも距離はありますが、花火を真正面から楽しめます。江戸川河川敷よりは混雑が緩やかで、レジャーシートを敷く場所の確保もしやすいです。

 

スポンサーリンク

花火の必須アイテム

日焼け止め

夏の花火大会は結構待ち時間が長いので、日が沈む前から待たなければなりません。

日焼けが気になる方は日焼け止めをしていくとよいかと思います。

花火大会にオススメの日焼け止め

 

レジャーシート

座ってゆったり見るなら、レジャーシートは必須ですね。早めに用意していきましょう。

 

虫除けスプレー

また、特に水辺の近くだと蚊が多く発生します。花火大会を終わって帰ると痒くて仕方がないということもありますので、虫よけスプレーをしておくとよいでしょう。

 

最後に

あまりこだわりがないのなら、江戸川区花火大会2018は篠崎緑地で観賞するのがおすすめです。

ぜひ江戸川区花火大会2018を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です